キラリと光る白い歯で良好な人間関係を手にいれよう

>

歯は人の印象を左右する

大切な歯は削りません

歯医者さんでホワイトニングを行う場合、歯を削らなくても、漂白で白くなります。
薬剤を歯の表面に塗って白くする方法です。
ただし、強い薬剤を使用しているので、専門の医師が行わなければなりません。
万が一、歯茎などに付着すると歯茎トラブルになりかねません。
それほど強い薬剤です。
それなので、治療期間は短期間で終了します。
効果もある程度は持続しますが、永久ではないので定期的に歯科医院に通う必要があります。
保険は適応されず自由診療なので、費用は高いです。
一時的に白くなればよいという人は、歯の表面に白い塗料を塗るというやり方もあります。
効果は持続しませんが、一時的に過去の治療痕を隠すなどしたいときにはおススメです。
こちらは、1本いくらという料金体系です。

本来の歯より白い歯に

ホワイトニング治療では、薬剤を使って歯を漂白しますが、本来の歯以上には白くなりません。
しかし、どうしても不自然なほどでもよいからとにかく真っ白にしたいと希望する人は、歯を削るという方方があります。
表面を削ってセラミックを被せるのです。
これは、費用は掛かりますが、一度しておくと定期的に通う必要はありません。
また、虫歯の治療痕などホワイトニング剤が使えない場所でも出来ます。
全体的に削るのに抵抗のある人には、表面を少しだけ削る方法もあります。
セラミックなので、歯本来の固さよりはやや耐久性が弱く、割れたり欠けたりしやすいところが難点です。
最近は、自由診療ですが、虫歯の治療の痕を隠したり欠けた歯を補うときに使われています。


TOPへ戻る