海外では常識?ホワイトニングで綺麗な笑顔を手に入れよう

キラリと光る白い歯で良好な人間関係を手にいれよう

自分の歯を白くする

人は見た目の印象によって、判断されることが往々にしてあります。
特に、髪、目、歯から受ける印象によって、その人に好意をもてるか、もてないかが決まるといっても過言ではありません。
ビジネスにおいても、恋愛においても、髪は梳かしてなくてボサボサ頭、目に覇気がなく、歯が黄色く汚れている人には、誰も近寄りたいとは思いません。
それどころか信用に欠ける人物だと判断されかねません。
ところが、髪はきちんと梳かしていて、目がキリリとして相手の目をまっすぐ見据えていて、きらりと光る白い歯をしている人には、好印象を持ちます。

特に、歯は、一番目につきやすいところです。
笑った時に見える歯が白ければ誠実な印象を与えます。
歯を白く清潔に保つことは、ビジネスや恋愛において必要不可欠であるといえます。
歯は、食べ物や飲み物の影響を受けやすいです。
コーヒーやワイン、カレー、チョコレートなどを日常的に摂取していると、歯に色がついてしまします。
それは、ポリフェノールが原因です。
ポリフェノールは抗酸化作用があるので、積極的に体内に取り入れたいものでありますが、色素の成分なので、歯に沈着して歯の色を変えてしまうのです。
また、タバコに含まれるヤニも歯を黄色くします。
黄色い歯は、清潔感な印象を与えません。

毎日の歯磨きでも気を付ける事が出来ます。
ホワイトニング効果のある歯磨き粉があります。
歯科医院での定期的なクリーニングやセルフケアによって歯を白く保つことができます。

TOPへ戻る